« 自然に習う | トップページ | ハードウェアの種類 »

2016年1月 4日 (月)

ハードウェアの数


大規模システムの場合は、中心となるサーバーと端末の数を決めなければなりません。ソフトウェアを作り始める前に、最大どれくらいの端末数が必要か決めなければ、アレイを確保するメモリ数などに影響を与えますので、慎重に決めなければなりません。

多めにメモリを確保できる予算ならば、アレイの大きさを多めに考えておけばいいのですが。そして、端末数を顧客側が指定してくれていれば、悩む必要はないかもしれません。

また、スマフォのアプリのように、不特定多数のユーザが使用する場合は、その時に応じてアレイの大きさを変えるようなサーバーのソフトウェアを開発しておくことが必要です。それでも、サーバーのメモリ数には限りがありますから、上限値は儲ける必要があります。もし、アプリの人気が上がったならば、その時に上限値を簡単に変えられる作りにしておくことも考えておきましょう。

このように、ハードウェアの数とソフトウェアの作りは深い関係があります。顧客と話し合いながら、柔軟に対応できるよう、決めていきましょう。

 

« 自然に習う | トップページ | ハードウェアの種類 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139868/63000329

この記事へのトラックバック一覧です: ハードウェアの数:

« 自然に習う | トップページ | ハードウェアの種類 »