« ハードウェアの種類 | トップページ | ハードウェアの種類 »

2016年1月 5日 (火)

ハードウェアの種類

開発を進めていく上で、ハードウェアの種類を選定するのは、重要な作業になります。作るソフトウェアが正確に安定して動くようにしなければならないからです。

 

ですが、お勤めの会社によっては、自社製のハードウェアを使いたい、もしくは世話になっているメーカーのものを使いたい、といった縛りがあることも事実です。または、顧客からここのメーカーのハードウェアを使いたい、と指定される例もあります。

 

そうでなくても、受注額が低いために、できるだけ安いハードウェアを使いたいという課題があることも確かでしょう。

 

すると、使いたいハードウェアで、目的のソフトウェアを正確に安定して動かせるかを考えなければなりませんね。例えば、病院の電子カルテシステムでは、MRIの3次元画像が高解像度でたくさんのトランザクションが行き交うネットワークを構築しなければなりません。そしてサーバーの容量もかなりの量の確保が必要です。端末もメモリはたくさん必要になります。

 

このように考えていくと、使いたいハードウェアから、必要なハードウェアへと視点を変えて、顧客やメーカーとの話し合いになります。話し合ったら、また検討して再度話し合い、が続いていきます。ソフトウェアの開発と並行してハードウェアの種類の選定は話し合いを重ねることとなるのです。

« ハードウェアの種類 | トップページ | ハードウェアの種類 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139868/63007516

この記事へのトラックバック一覧です: ハードウェアの種類:

« ハードウェアの種類 | トップページ | ハードウェアの種類 »