« 理想論だろ | トップページ | まずファイルの全体像を書き出す »

2015年12月 2日 (水)

プログラム仕様書

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 IT技術ブログ

書いてますか、プログラム仕様書。簡単ですから、書きましょうね。プロシジャの入力と出力、動作を書くだけです。

元はプログラムを書く前にプログラム仕様書を書いていたのですが、私はプログラムが出来上がってから書くのがよいと思っています。 これは、開発途中に担当者が変わるとか、改訂版のプログラムを作るとき、今まで書いたプログラムを流用して開発するときに必要です。そんなの、プログラムを読めばわかる、という人は素人です。よくわからない内容のプログラムを読むことが難しいことは以前にも書きました。

ほかの人に引き継ぎするときにプログラムしかない、というのは、ちょっと仕事をする人として恥ずかしいことですね。ちゃんと資料を書いて渡しましょう。 すぐに社内で引き継ぎする場合はまだいいです。発注者に渡したり、何年か時間が経ってからほかの人が読む場合は、プログラム仕様書が重要になってきます。

プログラマの仕事は、プログラミングすることだけじゃありません。ちゃんと仕様書や資料を人に見てもらえるように、日頃から書くクセをつけておきましょう。ほかの職業の人もやっていることです。タクシーの運転手でも、日報は書きますね。私が研究者をしていたときも、研究報告書を書いていました。もちろん、プログラムを書くのも仕事でしたから、プログラム仕様書も書いていましたよ。

資料を書く事、これは社会人の常識です。

(文:エメラルド優子)

« 理想論だろ | トップページ | まずファイルの全体像を書き出す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139868/62794072

この記事へのトラックバック一覧です: プログラム仕様書:

« 理想論だろ | トップページ | まずファイルの全体像を書き出す »