« 勤労感謝の日 | トップページ | 要件定義とは »

2015年11月25日 (水)

人が書いたプログラムは読みたくない

人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

私がシステムの開発をしていたとき、上司や同僚と手分けしてプログラムを書く事はよくありました。出来上がったプログラムを合わせてテストしたらうまく動かず、私がそのソースを合わせてデバッグすることになったのです。これはよくあることです。しかし、人の書いたプログラムというものは、ちんぷんかんぷんのコードであることがたまにあり、難航しました。変数名やプロシジャ名、開発者が思い思いにつけていたり、インデントを利用しないで全部1カラム目に書いていたり、1行に2つ以上の文が続けて書いてあったり。

 

 

 

一人で全体を把握して、全部最初から最後まで作るなら、こんなこと気にしなくていいのでしょうが、みんなで手分けして作るときは、そのメンバの誰が見てもすぐわかるプログラムを書く必要があります。どうすればいいか、箇条書きにしてみましょう。

 

 

 

(1) 変数名などの名前は、規則性を持たせる。

 

(2) インデントは必ずつける。1行に1文のみ。

 

(3) 規則をやむを得ず破るときは、コメント文をつける。

 

(4) プログラム仕様書を書く。

 

 

 

学校などでプログラム開発を学んだ人は、当たり前のことのように思うかもしれませんが、私のように学校で学んだことがない人は、知らないものです。一緒に開発する人数が多い場合ほど、重要になってきます。まして、プログラム開発を複数の会社で分業する場合など、ますますわけがわからなくなります。

 

 

 

プログラム仕様書は書かない、という会社さんと仕事したことがありますが、「2度と一緒にやりたくない」と思いましたね。いちいち、これはなんだ、説明してくれ、と聞くのは、骨が折れました(苦笑)

 

            (文:エメラルド優子)

« 勤労感謝の日 | トップページ | 要件定義とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139868/62746753

この記事へのトラックバック一覧です: 人が書いたプログラムは読みたくない:

« 勤労感謝の日 | トップページ | 要件定義とは »